So-net無料ブログ作成

別マガ進撃隊 & 週間ジャンプ魂

進撃の巨人とか好きです♪

 

カテゴリー:進撃の巨人 before the fall

進撃の巨人 before the fall ブログトップ

進撃の巨人before the fallの1話、ネタバレ、画バレ!巨人の子シリウスで新連載 [進撃の巨人 before the fall]

今月からシリウスで進撃の巨人「Before the fall」(小説)がマンガで連載開始されました。



小説は読むの面倒臭いなぁっと思っていたので漫画化はありがたい。

ということで、本編進撃、リヴァイとエルヴィンの出会い編、そしてこの「Before the fall」もネタバレ

やっていこうと思います。



ちなみに「Before the fall」は本編の70年前の話になります。

人類が巨人と戦う術を見いだすに至るウォール・マリア陥落以前の物語です。

どのようにして立体機動装置が作られたのか?



原作     :諫山創先生

小説版原作 :涼風 涼先生

マンガ    :士貴智志先生



どうぞよろしくです。









































































進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



ではではネタバレいきまっせぇ~っ♪



第1話 巨人の子



青い空、50mの壁の向こう側かあ何かが降ってきた。

荒ぶる巨人が投げたそれが壁の中側に落ちる。

したたる血。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



泣き叫ぶ女性。

戸惑う調査兵団。



調査兵団の一人、ヒースの頭部だった。



街に警鐘が鳴り響く。

街のあちこちが破壊され、煙が上がっている。



街が破壊され、倒れる人。

調査兵団所属のソルム・ヒューメとカルロ・ピケールは戦慄を覚えていた。

「これが・・・地獄か?」



大きく破壊された街を見つめるしかなかった。

巨人の恐ろしさは調査兵団に所属する2人をもすくみ上がらせるには十分だった。



たかが30年、忘れかけていた巨人の恐怖。

その恐怖を人類は再び・・・深く心に刻みつけられた。



数刻前・・・シガンシナ区。

数十人の男女が壁の前に立っていた。

対峙する形で調査兵団の面々も彼らの前に立ちはだかっていた。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



「私たちの願いはただ一つ。門の即時解放。それだけなのです」



にらみ合う両者。



「なんだよ、あの集団?」

「あれだろ?今噂の・・・」

「あぁ・・・「巨人様」か」

兵団の兵士たちは開門を願う集団をウンザリするように見つめていた。



その中に。。。エレナの姿を見つけるまでは。



「エレナさん!??」

なんと、巨人に頭を塀の中に飛ばされた調査兵団兵士ヒースの妻がその中にいたのだ。

「何してるんです?なぜあなたがこいつらの先頭に!?」

困惑するヒースの同僚だったカルロとソルム。

しかしエレナの顔には二人の姿は映っていなかった。

正気ではない。どこかうつろな瞳のエレナ。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



ヒース班長の妻だった女が身重の身でありながら、巨人を神とあがめる集団の先頭に立ち開門を叫ぶ。



必死で止める団員たちの声も聞かず、エレナは巨人の元へ行くために開門を叫び続ける。



いつもなら駐屯兵団が簡単に鎮圧するようなことだった。

しかし今回は事情が違っていた。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



王政府の役人が人質となっていた。

太ったその役人の側には巨人を神とあがめる集団の数人が側に立ち、一人は手に斧を持っていた。



鐘が突然鳴り響いた。

解放の鐘(リバティ・ベル)が・・・それは開門を意味した。

ゆっくりと上に上がる門。



役人の首が斧で飛ばされる!



街中が動揺する。

「ここには人がいるんだぞ?」



地鳴りが響く。

近づく地鳴りは大きな足音となり開いた門の前で止まった。



開いた門に大きな手がかかる。

巨人がゆっくりとかがみ込み街をのぞき込んでいた。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



巨人の魔の手が人々に伸びる。

逃げ惑う人々。

わしづかみにされ食われる人類。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



まさに地獄だった。

「そ・・・そうだカルロ。どうして巨人はまた壁の外へ出て行ったんだ?」

ソルムが問う。

カルロにはその答えは分からなかった。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



勇敢な群衆の誰かが壁の外へ巨人を誘導したのか?

それとも巨人がただ人間を食い飽きたのか。。。

とにかく危機は去った。



「オレ達は軍人として行動しよう。状況を把握して上層部に報告した方がいい」

カルロはそう言うと立ち上がった。



死屍累々、あちこちに転がる遺体。

破壊され無残な姿となった街。



「遺体の搬出が急務だな」

「疫病対策ってやつか」



「巨人が病気を持ち込んだ可能性も否定できないだろう、それに」

二人の視線の先には巨人に食われたがまともに消化されず吐き出された人々の塊が。



「ろくに消化もしないままに吐き出すんだからな。食われた奴も浮かばれないだろう」

「吐き出すくらいなら食わなきゃ良いんだ!」

目の前の塊にソルムは怒りをぶつけるしか出来なかった。



「巨人の行動は理解出来ない!理解したいとも思わないがな!」

「・・・だが・・・知ろうと努めない限り巨人は人類の点滴であり続けるだろう」

怒り心頭のソルムにカルロは静かに言いつつも困惑していた。



「しかし・・・とんでもない悪食だな。着衣や装具はそのまま。消化された様子もない。

吐き出すくらいだから味覚も内のだろう・・・」

遺体の状況を分析しながらカルロは言った。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



「!」

その遺体の中にエレナが含まれていた。

変わり果てたエレナの姿にいたたまれない二人。

「・・・首謀者は死亡か・・・最悪の結末ってやつだ・・・」



「新婚で・・・しかも出産を控えていたのに・・・」

臨月を迎えたエレナの大きなお腹。



「とにかく!このままにしておくわけにはいかない。ソルム!駐屯兵団に連絡して回収班を・・・」

気持ちを切り替えたカルロの耳に何かが動く音が聞こえた。

「なんだ?カルロ、どうした?」

エレナの遺体を見つめるカルロ。



今度は間違いなかった。大きな音。

「まさか・・・生きて」

「いや・・・」



ゴリゴリ・・・ゴリュ・・・

エレナの腹が大きく動いた。

「なぁ・・・まさか巨人の嘔吐物から新しい巨人が生まれてくるなんてこと・・・ないか?」

「まさか・・・」

二人の戸惑いなどお構いなしにエレナの腹は動き続けた。

「言い切れるのか?やつらの生態なんて全然分かってないじゃないか!!」

不気味に動き続けるエレナの腹に気味の悪さを感じソルムは半ば叫んでいた。

「もし・・・!!」

カルロもまたソルムと同じ気持ちだった。

(もし嘔吐物に巨人の落とし子が潜んでいたら・・・?再びシガンシナ区に地獄をもたらす訳にはいかない!)

「やるぞ・・・」

カルロは決意した。



剣を構え、エレナの不気味に動く腹の辺りの衣服に手をかける。

ソルムも弓を構え迎撃態勢を取る。



布をめくりあげる。

「あ・・・」



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



そこには生まれたばかりの赤ん坊がいた。

「赤ん坊!?」

「生きていたのか・・・巨人に食われたエレナの腹の中で・・・!!」

「なぜ・・・お前だけが・・・」



「巨・・・巨人の・・・子・・・」



それから13年後。

王都の地下深く。。。

家畜たちの檻の更に深く。。。



暗い目をした一人の少年が手に枷をかけられ牢屋に入れられていた。



進撃の巨人 before the fall 1話 巨人の子



街に巨人を招き入れた母親(エレナ)の遺体から奇跡的に生まれた少年のたどる運命は!?





12月号へ続く。。。





序章過ぎてとりあえず謎だらけです。

さて、この男の子がどうなるのか?進撃の巨人 Before the fall の今後の展開に期待したいです。
nice!(0)  コメント(0) 

進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ!イノセンシオ一族がひどすぎる件w [進撃の巨人 before the fall]

進撃の巨人スピンオフ「before the fall」

本編から70年前が舞台のお話です。



元々小説だった話がシリウスでマンガになって連載中♪

これは読まねば。。。で今月もネタバレ・画バレやりまっせ~(^^*































































































進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



第2話「覚悟の少女」



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



巨人を信仰するカルトたちによってシガンシナ区の門が開き巨人の侵入を許す。

約5000人が死亡、行方不明となり100戸以上が半壊または全壊する被害を出した。



その中で巨人が吐き出した死体の中から生まれ出た赤ん坊「巨人の落とし子」がみつかる。



30年間の壁の中での安寧が壊され、人々は思い出す。

巨人への恐怖を。そして、開門を許した兵団と王政府への不信感が深く残ることとなった。



それから13年後・・・



ウォール・シーナの地下深く、その子供は生きていた。

鎖につながれ檻に入れられて。



大豪商ダリオ・イノセンシオはその子供の前に立っていた。

「こいつが例の・・・」



眉をひそめていた。

「旦那、心配せずとも襲って来やしませんぜ」

後ろから少年の主である剥げた頭に長い髪の老人がダリオの心を見透かすように薄ら笑いを浮かべた。

眼帯をした老人の卑屈な笑い声が地下牢に響く。

「そこにいる少年が本当にそうなのか?私にはそこいらにいる小僧にしかみえんのだがな」

「何をおっしゃる・・・指折りの大豪商様にウソ偽りはもうしません!こいつぁ正真正銘、巨人の汚物から誕生した子。よ~くご覧ください」

大げさに手を広げ、持っていたランタンを檻に向ける。

「巨人の子、キュクロですぜ!」



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



檻の中、暗い目をした少年、キュクロ。

ダリオは少年の暗い目に気圧されるようにそっぽを向いた。



「おい」

主の手にずしりと重い袋が手渡される。

「おありがとうござい・・・ヒッヒ・・・旦那良い買い物をなされましたね」

「・・・主、貴様もな」



堂々と人身売買成立w

ひでぇwwwww



「そういや」

ふと主が思い出したように口にした。

「旦那の他にも巨人の子をほしがる物好きな御仁がおりましてね」

「・・・その物好きと言うのは?」

好奇心に駆られダリオが尋ねる。

「黒い襤褸(ぼろ)を着た陰気な男でしてねぇ・・・」

曰くありげに主が言う。

「なぜそいつは巨人の子を?」

「さあねぇ・・・とんと検討もつきませんが、どうしても巨人の子が必要だとかなんとか・・・」

「・・・意味が分からん」



いや、あんたらも十分イミフですが何か?



「では旦那、巨人の子は後ほどお屋敷の方へ運ばせていただきます」

「よろしく頼む」

「そうと決まれば早くこんな臭え所から出ちまいやしょう。。。おぉ・・・臭え、臭え」



いや。。。その巨人の子、ずっとここにいるんですけど。。。

人間扱いされてない。。。(;;)





新しい場所に訳も分からず連れて来られたキュクロはうずくまり震えていた。

薄暗い石造りの檻の中・・・頭上のはるか上の小さな鉄格子がはまった穴から漏れる月明かり。

そのかすかな光の中、虫を捕まえ、口に放り込むキュクロ。



どこまでも家畜扱い!



そして朝。

足音が近づいてくる。

バンッ!っと目の前の堅い扉が突然開く。

「!!?」

驚くキュクロとは対照的に嬉々とした声が響く。

「あはっいたいた!こいつがキュクロ!?巨人なの?」

身なりの良さそうな少年がまるで珍しい物でも見るようにはしゃいでいた。

「まだ子供じゃん」

「コラコラ、気安く近づくんじゃない。気をつけるんだぞ、シャビィ」

ズカズカと近づくシャビィに父親のダリオが注意する。

が、シャビィは口元に笑みを浮かべキュクロを見下ろしていた。

「平気さ、だってコイツつながれてるし」



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



何が起こっているのか分からないキュクロ。

指の隙間からシャビィたちを見つめることしか出来ない。

シャビィの片足が動く。

「シャビィ、お前は将来兵団のトップに立つ人間だ!これ(巨人の子)はそのための投資だと言う事を・・・」

「わかってるって!」

遮るように言うシャビィ。動いた片足がキュクロの顔面を激しく蹴り上げる。



ゴギンッ!

鈍い大きな音が響く。



「ね!巨人なんか僕がぶっ飛ばしてやるからさ!」

無邪気に笑うシャビィにダリオはため息をつく。



「あれ?」

シャビィの目がキュクロを見つめる。

顔面を蹴られ、鼻血を流して床に倒れるキュクロ。



そりゃそうだろうw

どう見ても巨人じゃないし、子供だし、無抵抗だしw



「コイツ、すんごい弱いじゃん!!」

あきれ顔のシャビィ。



朝、バシャッ!

大量の水がキュクロに突然降りかかる。

「!?」

驚き起きるキュクロ。水が気管支に入りむせる。



「巨人のくせにのうのうと寝てんじゃねえよ」

シャビィが呆れた口調で見下す。

「毎日こうして起こしてやってんだ。感謝しろよな」



床にうずくまりむせかえるキュクロに冷たい視線を落とす。



だが、キュクロはまるで動物のように、舌を出し床にばらまかれた水をすする。



「チッ・・・こんな弱っちいんじゃ倒す気にもならないよ。なぁ!?おい!」

そう言いながらも水をすするキュクロの腹に蹴りを食らわせるシャビィ。

「巨人よぉ!!ちょっとは抵抗しとってば。つまんないだろ。抵抗だよ、抵抗」



キュクロは床を見つめつぶやく。

「・・・し・・・ろ・・・ウコ・・・ウ。テ・・・イ・・・コウ」

言葉の意味を理解したのか?

キュクロはふらつきながらも立ち上がった。両腕で顔をガードするように。

その姿に満足したシャビィ。

同じ言葉をつぶやくキュクロを褒めるように笑顔を浮かべる。

「そうそう、そんな・・・感じっ!」



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



ガードの隙間を軽々とすり抜けてシャビィはキュクロを殴る。

「やれば出来るじゃん!!」

殴られ膝が落ちるがお構いなしに腹に膝を入れる。

「ぐはっ・・・」

血を吐き、うずくまり嘔吐するキュクロ。

それでも容赦なくシャビィは蹴り続ける。

「巨人ってさ・・・人間を食っちゃうんだろう?」

あごを殴りつけるシャビィ。無抵抗なキュクロ。



「一ヶ月前くらいかな・・・シガンシナ区を見たんだよね。さすがに人間を食べてる姿じゃなかったけどさ・・・

人間ってどんな味がするんだ!?やっぱり美味しいわけ!?」

殴り続けるシャビィ。キュクロの手足がそのたびにビクビクと動く。

石畳の上に転がるキュクロの顔は血まみれだった。



殴り続けたシャビィの手も血に染まっていた。息が少し上がる。

「・・・もしかして巨人も食えたりするのかな?・・・巨人を食べたら強くなったりとか・・・」

手に付いたキュクロの血を舐め・・・ガリッ!←ってお前が食いつくんかいっ!



キュクロの肩に思いっきりかみつくシャビィ。

激痛に悲鳴を上げるキュクロ。

「まずっ!」←しかもひどっ!

暴行されすぎてもはやぐったり。。。なキュクロ。。。カワイソス



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



「ちょっとやり過ぎちゃったかな?ま・・・いいや。簡単に壊れちゃダメだぞ。巨人なんだから」

反省などしてない。運動後のおやつ(リンゴ)をかじり始めるシャビィお坊ちゃま。



「テ・・・イ・・・コウ」

何を意味するのかは分からない、だが今の主である少年が言う言葉を反芻するキュクロ。



「そうだったな」

ほんとに家畜扱い。

食べ終わったリンゴの芯をキュクロに向かって放る。

「残すなよ」

食べ物に反応するキュクロ。リンゴの芯をガツガツを食べ始める。



そしてまた静寂。。。夜が来る。

キュクロは壁に寄りかかり足を抱えてただうずくまる。



また朝が来る。

今度は何人もの人間が自分を見ていた。

身なりの良さそうな人間が扉の向こうから好奇の目をむけて。



ある日はまたシャビィが、女の子たちを引き連れて。

そしてその子たちの前でただただ殴られる。



皆が言う

キョジンノ・・・コ





夜、広い屋敷の中、少女は手に短刀を持ちベッドの中で震えていた。

・・・こわい・・・

堅く目を閉じる

(おうちに巨人の子がいるなんて・・・お父様にはきっとお兄様のために何かお考えがあるのだろうけれど・・・でもやっぱり・・・)

少女は目を見開いた。

(おうちの中で生かしてちゃダメ・・・)



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



少女は決意し立ち上がった。

(巨人を・・・あんなバケモノを・・・)





1ヶ月ほど前

ウォール・マリアを前にシャビィははしゃいでいた。

「ついに来たな、最果ての地!ウォール・マリア!!この向こうに巨人がいるんだよな!?」



わざわざシーナからマリアにご旅行とは金持ちはやることが違うw

兵団の方々もかなり困惑気味、ダリオと話し込んでいる。

「ちぇっ、まだ話がつかないのかよ」



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



のんきな兄とは対照的な妹。

(そんな簡単に話が付くわけない。だいたいこのウォール・マリアの立ち入り禁止区域に来るのだって思いつきだもん・・・)

冷静かつ呆れ気味です。

(・・・でも・・・外の世界は気になるけど・・・)

とか思ってる後ろで父が兵団と金の受け渡しw

(・・・最悪・・・)



はい。話付きました。

壁の上に行けるそうです。



大はしゃぎのシャビィ坊ちゃま。

兵団の方々もお金もらって愛想笑い。



最悪とか言いながらも外の世界には興味津々な妹もどうなの?的な。。。

この親子、ふり長いし、嫌な感じ満載で誰にも共感できないわっ。



とりあえず書物にすら記されていない外の世界。

唯一分かっているのは巨人が徘徊していて人が住めないことくらい。



「おぉーーーっ!ようやく来たのかシャルル!すごいぞ見てみろよ、外の世界だぞ」



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



目の前に広がる荒野。広い大地。地平線。

未知の国がどこかにあってもふしぎじゃない・・・しかしそれを確認出来ない理由・・・



「巨人!!!」

シャビィがはしゃぐ。

さすがわしの息子ってどんだけ親ばかなんすか?このクソ親子。



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



荒野にたたずむ巨人。

その凶悪な面構え。



人間を見つけ口を大きく開ける。

その姿にシャルルは恐怖しか感じなかった。



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



そのバケモノが今、家の中にいる!

震える手に短刀を握りしめ、シャルル・・・

(殺さなきゃ・・・巨人の子を・・・わたしが!9



小さな胸に重すぎる決意を秘めて、少女はキュクロのもとへ。。。



進撃の巨人 before the fall、2話の内容ネタバレと画バレ



って。。。号泣・・・。.゜(PД`q)゜.。 。

キュクロが可哀相過ぎて。。。



そしてこのイノセンシオ一族がひどすぎて。。。

とりま、序章なのでちっとも面白くないと言うかイノセンシオ一族のひどさがよく分かる回でした。



ここからどう展開するかは分からないけれど。。。

進撃の巨人本編のあの急展開に次ぐ急展開!謎が謎を呼ぶ!なドキドキ感を早く味わわせてくれぇぇぇっと思った。



駄文ですいません。

もっとカットすべきかなと思いつつ。。。全部書き出したけれど。。。

今回の内容。。。書いててテンション下がりましたw



ここまで前振りしたんだから次号は思いっきり展開して欲しいと切に希望。
nice!(0)  コメント(0) 
進撃の巨人 before the fall ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。